胸を大きくする食品総合まとめ

胸を大きくする方法はイソフラボンやエストロゲンが多く含まれる食品を意識的に食べるようにすれば簡単にバストアップはできるようになりますよ!

胸を大きくしてくれる食品

 

胸を大きくしたいなら積極的に食べたほうが良い食品というのがいくつか存在します。

 

それぞれ、食べるだけですぐに胸が大きくなるというものではありませんが、それでも体内で胸が大きくなる作用を活発化させてくれるものではありますので、胸を大きくしたいのであればできるだけそれらの食品を多く食べるように努めましょう。

 

胸を大きくするということは胸についている脂肪を増やすことです。
つまり、胸に脂肪をつけることが直接バストアップに繋がることになるわけです。

 

といっても、ただ足やお腹周りが太るのとは違い、胸を太らせるには胸の脂肪の周囲にある乳腺との関係を考えなければなりません。
ただ脂肪をつけるだけでは、胸は大きくならないのです。

 

胸を大きくする食品総合まとめ

 

胸を大きくしたいのであれば、まずは乳腺を発達させること。
乳腺が発達すればそれに比例して乳腺の周りの脂肪が増えていくようになります。

 

それに伴い必要な栄養素を考えていくと、バストアップに必要な食品が見えてくるわけですがまず重要なキーとなるのが“たんぱく質”です。

 

女性ホルモンの分泌を促してくれるたんぱく質には、動物性と植物性の2種類がありますが、そのどちらか片方に偏ることなく両方をバランスよく摂取することで、効率の良いバストアップを可能としてくれます。

 

胸を大きくする食品総合まとめ

胸を大きくする食品総合まとめ

胸を大きくする食品総合まとめ

 

動物性のたんぱく質であれば良質なのが鶏肉で、植物性のたんぱく質で良質と言えるのが大豆を含む、大豆を使用している食品になります。

 

特に大豆にはイソフラボンやエストロゲンなど、女性ホルモンの働きを活性化させてくれる成分が豊富に含まれています。
バストアップには女性ホルモンの存在は欠かせませんから、胸を大きくするという目的の上では必要不可欠な食品と言えるわけです。

 

また、動物性のたんぱく質であれば牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品も質の良いたんぱく質の含まれた食品として挙げられますので、これらの食品を多くバランスよく食べることで胸を大きくする効果を体内から高めてあげましょう。

 

バストアップサプリメントを使用する際の注意点

 

胸を大きくするために、サプリメントを使用するという方法があります。

 

このサプリメントには、エストロゲンなど女性ホルモンに似ている成分が含まれており、これを摂取することで、ホルモンバランスを整えつつ、胸を大きくする効果を狙うという目的があります。

 

実際、こういった成分を含むサプリメントは最近かなり増えてきており、選ぶのにどれにしようと迷ってしまうほどの種類のサプリメントが販売されています。

 

食品で摂取することができるイソフラボンやエストロゲンよりも、サプリメントに含まれているエストロゲンの方が効果が高いといわれているので、利用する価値はあると思いがちですが、サプリメントを使用することで、リスクがあるという点も忘れてはいけません。

 

サプリメントを使用することで、確かに多かれ少なかれ個人差はあれど、胸を大きくする効果は得られることでしょう。
ですが、飲めば飲むほど効果が高くなるなどと勘違いしては絶対にいけません。

 

何故ならバストアップ効果を解説してる専門サイト、私のバストアップサプリ.comでは女性ホルモンの代わりとなるエストロゲンは摂取しすぎることでホルモンバランスが大きく崩れてしまう結果に繋がると解説されています。

 

女性ホルモンのバランスが崩れてしまいますと、月経不順が起こったり、生理痛が悪化する、またはイライラが収まらないなど、気持ち的な面でも変化が現れてしまいます。

 

ニキビや肌荒れが起こることもありますし、最悪な場合、このホルモンバランスが崩れた状態が続けば乳がんや子宮がんなど、女性特有のガン発症の原因になってしまうことさえあります。

 

重要なことは、飲み続けることでも、一気に大量に摂取することでも、即効性のあるサプリメントを探すことでもなく、“1日の摂取上限量を厳守すること”なのです。
これが守れないようでは、サプリメントの摂取でバストアップを狙うのはやめた方が良いでしょう。

 

 

メニュー